意外と知らない傘の処分方法とは?

使えなくなった傘はどのようにして処分するのが正解なのでしょうか?

傘の処分方法は自治体によって異なりますが、大抵の場合は不燃ゴミ扱いになり、そのまま処分できる場合と骨組み部分とビニール部分を分解しなくてはいけない場合がありますので処分する前に確認しておきましょう。

サイズや本数によっては、粗大ゴミとして処分しなくてはいけない場合もありますので処分の申請をしなくてはいけません。

分解する場合は金属部分で怪我をしないように注意が必要ですし、パーツの素材ごとに処分方法が異なりますよ。

まだ使用できるのであれば、リサイクルに出したり寄付するという方法もあります。

折りたたみ傘であればサイズが小さいため、大抵の場合は不燃ゴミとして処分できるでしょう。